2011年04月06日

ROLAND HP-305購入までの経緯。


前回、購入を考えていた電子ピアノについて書きました。

今回はROLANDHP-305を購入した経緯を書きます。


去年ですが札幌ステラプレイスにある島村楽器でピアノを見ていたのですが、

店員さんに声をかけられ、勧められたのがROLANDの電子ピアノでした。

実際にその店員さんが弾いてくれたのですが、音がとても自然で驚きました。。


でも予算が10万円で購入できるF110は鍵盤のタッチが微妙でした。



でも、音はとてもいいのでタッチにそれほどこだわらないならいいと思います。


結局、ROLANDの電子ピアノはとても魅力的だったのですが

鍵盤が良いものとなると15万くらいになりさすがに無理だな〜とおもっていました。


それからしばらく経ち、ネットで値段調査していたところ、

オークションで定価20万の状態のいい中古HP-305が

5万くらいから入札開始価格で出品されていたのです。


中古ですが、09年12月発売開始のもので1年しか経っていないので

状態もいいと思い目を付けました。


10万以下で落札できればいいな〜と思って実際に落札した値段が86000円でした!

まあ送料入れると10万ちょいなのですが、

定価の半額なのでいい買い物をできたなーと思います。


次回はHP-305の特徴や感想を書いてみます。

posted by ym at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

ピアノレッスン 2回目


先週のピアノレッスンは初めてなので、

会話と弾けるようなったメヌエットを聞いてもらって終わりました。


さて、今日からレッスンが本格的にスタートしました。

まず購入したバーナムピアノテクニック1を使ってスタート。


譜面自体は両手でドレミファソファミレドと弾く簡単なものなのですが、

4分音符8分音符16分音符をメトロノームのリズムに合わせて弾くというものでした。

これがかなり難しい・・・


メトロノームのリズムで4分音符は特に問題ないのですが、

8分音符となると1回カチンってメトロノームが鳴るあいだに2回鍵盤を弾くのが

慣れてないと大変でした;

16分音符にもなると手の動きに集中しちゃってメトロノームの音に合わせる余裕が

ぜんぜんなかったw


次に先週から練習していたメヌエットを聞いてもらいました。

装飾音符のドシドを中指⇒人差し指⇒親指と弾くところが、

なかなか綺麗に弾けなかったのですが、

親指をあらかじめドの上に待機させておくと教わり、

やってみると1発できれいに弾けました!

ちょっとうれしかったです。。


最後に脱力についても教わりました。

肩、腕、指を全部脱力させて弾くことで、疲れにくく上手に弾けるとのことでした。

やっぱり言われるまでかなり力が入ってたようで、よく腕が痛くなりました。。。


今日教わったことを練習にいかして頑張ろうと思います。

2011年04月04日

電子ピアノの感想


今回は購入した電子ピアノはROLAND(ローランド)HP-305ですが、

それを購入する前に購入を考えていた電子ピアノの感想を書いてみます。


最初は鍵盤のタッチが安い割にかなりいいという噂の、

KORGのSP170やLP350を購入しようと思っていました。


SP-170が2万円台



LP-350が5万円



くらいでした。

ほんと安いですよね〜


実際、お店のほうにも出向き触れてみたのですが、

確かに鍵盤のタッチはいい感触でした。

でも音は特に感動するようなものはありませんでした。


音が良く、タッチもよくて、10万以内のものを探すことにしました。


そこで候補にあがったのが

YAMAHAのYDP161



KAWAIのCN23



でした。


YDP-161はタッチと音のバランスがよく、いい感じでした。


KAWAIのCN-23はタッチは柔らかい感じでしたが、

鍵盤の奥が少し重くて弾きにくいと思いました。

でも、低音の響きがよくて、高低調整できる椅子もついていたので気に入りました。

YDP161の椅子は調整できないので別に高低調整できる椅子を買うと高くなってしまう。

というわけでこの時点ではCN23を買う予定でした。


次回は実際に購入したHP-305を選んだ理由について書きます。

posted by ym at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする