2011年10月21日

ディズニーオンクラシック


昨日、札幌のコンサートホールKitaraへ行き

ディズニーオンクラッシックを鑑賞してきました。


ディズニーオンクラッシックはディズニーのアニメや映画、ディズニーリゾート

の音楽をオーケストラとヴォーカルで演奏されるコンサートです。


さて、札幌Kitaraは今回が2回目で、

高校生の時来た以来であまり中の様子は覚えてなかった。


席は前から5列目でとてもいい席で見ることができました。


目の前に楽器がずらーっと並んでいて、オーケストラのオーラが出ていました。


ピアノはないだろうと予想していましたが、右奥にちゃんとグランドピアノがありましたw


楽譜台にはミッキーやドナルドの人形がぶら下げてあったり、

正面には大きな魔法のスティックなどが置かれており、

クラシックの中にディズニーらしさがあるな〜と思いました。


そして19時にコンサートが始まりました。


まず最初に東京フィルハーモニー交響楽団の方々が入場してきて、

そのあとに楽団のコンサートマスターが入場。


次に外人のヴォーカリストと指揮者が入場。拍手がすごかった。。


そしてナビゲーターがプログラムをその都度紹介してくれました。


外人の方々は背も高く、新鮮でしたね〜


2部構成で第一部はディズニーリゾートで生まれた曲と映画ラプンツェル、

そして有名なパイレーツオブカリビアンでした。


リゾートの曲はあまり聞いたことのない曲でしたが、

聞いたらすぐディズニーの曲とわかるメロディーで

またヴォーカリストの方々の声が素晴らしかったです。


生のオーケストラの演奏は初めて聴いたのですが、

やはりTVで見るものとは迫力が違いますし、音もとてもよく響いており良かったです。


ラプンツェルは映画に出てくるキャラクターや映画の1面をヴォーカリストが演じ

オーケストラというよりはミュージカルのようでした。


またピアノソロでの演奏場面もありよかったです。


パイレーツオブカリビアンはあの迫力のある音楽でゾクゾクしました。


休憩後第2部が開始。


2部は全部映画の曲で、シンデレラ、魔法にかけられて、リトルマーメイドでした。


どの曲も知ってる曲で楽しめましたが、

特に「魔法にかけられて」がよかったです。


観客がスタンディングする個所もあり、映画を場面が浮かび上がる感じでした。


最後はディズニーの代表曲である、「星に願いを」で閉じました。


普通のオーケストラとは違いディズニーらしさがいろんな場面ででており

ファンの方なら十分楽しめる内容だなと感じました。

posted by ym at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ピアノレッスン 26回目


山の頂上付近に雪が・・・・


気温がグッと低くなりました。


その寒い中レッスンに向かった。


今回は結構いろいろ教わって充実したレッスンでした。


まずツェルニーリトルピアニストの40のやり直しから始めた。


楽譜見ながら弾いたためかなり慎重な感じになってしまった。


また3拍目にアクセントを無意識のうちにおいてしまっていました;


さらにワルツのような曲なので、

楽譜通りでなくて伴奏を軽く跳ねる感じで弾くように教わった。


まあ弾けているので一応おkでした。


次に41でこれは左手がメロディーになっている曲でした。


それで左手のメロディーを弾いているよう意識して弾くように言われ、

その通り弾くとやはりずいぶんと良く聞こえました。


ツェルニーの最後にハ長調の両手での音階で、これは毎回、練習する前に

何度かやってみると良いとのこと。


また次の宿題としてハ短調の音階部分なのですが、

知識として旋律的半音階と和声的半音階についても少し教わりました。


バーナムはグループ4の「きちんとのぼろう」でした。


これは左手の最初の4の指の部分が遅れてしまっているので

1の指を弾いたら寄せ指して準備するようアドバイスをもらった。


そうすると遅れないし、早く弾けました。


最後に今回で終わらす予定のエリーゼのためにをやりましたが、ダメでしたw


やはり後半部分のところの和音のスラーのところが滑らかに弾けていないのと、

3連符の音階部分がリズムを数えられていないし、左手と右手がずれていました。


和音のスラーの部分を滑らかに弾くには指使いがとても大切であることがわかりました。


まだ左手の同音繰り返す部分の弱く弾く部分は指をあげないで、

鍵盤の高さに指を維持して弾くよう教えてもらった。


エリーゼはとりあえず弾けるくらいならガヴォットや人形の夢の目覚めレベルかなと思いますが

強弱や音の滑らかさやリズムなどそれらに比べて大分難しいなと感じました。


やはり初級上の曲ですね。

2011年10月11日

ピアノレッスン 25回目


今週でエリーゼ完成させるつもりでした。。


しかしPS3のゲームにはまってしまい、思うように進まず・・・


さてレッスンですが、ツェルニーリトルピアニストの40をやりました。

1ページもある長い曲でした。


そのため、何度か思い出すの止まってしまいましたが、一応最後まで弾けた。


そこで先生からアドバイスをもらいました。


今は暗譜スタイルでやっていますが、楽譜もみて弾けるようにと。


鍵盤を見ないと弾きにくい部分は見ながら弾いて、

あとは楽譜を見て弾くようにするとのこと。


なるほど、指の動きは体で覚えていますので、

そのきっかけを思い出すのに楽譜を見ながら弾くのがいいのですね。


一応40はできているのですが、楽譜を見ながら弾けるようにもう1回になりました。


バーナムはグループ4の大きなのびをしようの部分で、

鍵盤をしっかり1拍伸ばすように弾いておkでした。


最後にエリーゼのために。


大分うまく弾けるようにはなりました。


あとは後半の強弱をしっかりすればおkらしいです。


来週にはたぶんエリーゼ卒業できるはずですw


また動画もアップ予定です〜。