2012年01月31日

ピアノレッスン 38回目


ピシュナのことで考えてたのですが、やはり使ってみることにしました。


さてレッスンですが、ツェルニーのイ長調音階のあと先週のやり直しの49をやりました。


それなりに弾けておkもらえましたが、

3連符をしっかり1拍とるようにアドバイスもらいました。

なんとなく弾いてたのがだめでした。。


50は左手が早いですが、それなりのスピードで弾けておkでした。


次にバーナムのグループ4の11と12をやりました。


どちらも特に問題なく弾けおkをもらえました。


来週はグループ5に突入〜


最後にピシュナを見てもらいました。


練習方法がいろいろあるのですが、最初はとりあえず楽譜通りに弾く練習をすることに。


あと新しい曲も選んできてくださいと言われましたので、

来週までに選んでおかないと。。

2012年01月24日

ピアノレッスン 37回目

指の動きを強化したくて、ハノンとかやってみようと思って
その系の本を以前探してピシュナを買ったのですが、それを
今日先生に見てもらいました。

しかしピシュナは初めて見るとのことでした。。

軽く中身に説明文などとみてもらったところ、
ハノンとバーナムの中間のようだそうです。

ハノンは右手左手同じ動きで、右手と左手をずれることなく同じ音をだすのに対し、
ピシュナは違う動きなので、飽きにくいですし、指の独立ができるようになりますが、
指の筋肉をつけるにはあまり向いていないようです。。

うーん。
まあ指の独立もしたいので、ハノンと併用してみようかと考え中。。

さてレッスンですが、ツェルニーのニ短調の音階からやりました。

大分動きが早くなってきたのですが、
でもまだずれてるところが少しあるので、拍を必ず数えるようにとのこと。
(先週も同じこと言われたような^^;)

次に49を弾きましたが、何度もつっかかりダメダメでしたが、
アルペジオの部分は練習した甲斐あって、良かったそうです。

重音のスラーの部分をもっと滑らかにつなぐように言われました。

次回までに止まらないように滑らかに弾けるようにしないと。

次にソナチネ36-1を弾きました。

かなり良くなったようで、今回で終わりでいいそうです。

直すところも教えてもらいました。

まずミドレシドラシソラファと降りていく部分が、左手に合わせようとして、
とぎれとぎれに鳴っているようで、もっとレガートに弾くこと。

あと後半の冒頭のpianoの部分が、左手の4分音符が弱すぎて右手の音に隠れてしまっているので
4泊分の音をしっかり聞こえるように音を出すことでした。

最後にバーナムのグループ4-10腕の運動をやりました。

これは特に難しくなかったのですが、こう言う簡単なのはリズムを変えたりスタッカートなどで
練習すると効果的だとのことでした。

さてソナチネですが、近々動画アップしたい思ってます。

渚のアデリーヌもそろそろやらないと。。

2012年01月17日

ピアノレッスン 36回目


今日は朝から1時間以上雪かきして疲れました・・


さてレッスンですが、まず音階からやりました。


大分早くなったのですが、まだずれがあるようで、

頭の拍を数えながらやるだけでも大分ずれがなくなると教わりました。


次に47を弾きました。

123456と数えながら弾く練習をわすれており、音の強さが一定になってしまい、

抑揚のない弾き方になってしまいました。


でも、2回目は注意して弾くといい感じなり、おkでした。


48は黒鍵の16分音符の部分が固い感じになっており、

指をあげないで力を抜いて弾くように教わり、滑らかになりました。


来週は49ですが、アルペジオの部分を手首や腕を使い、

重心を移動させて弾くようにアドバイスをもらいました。


バーナムはグループ4ー9の巨人のステップで

両手でオクターブ飛ぶ繰り返しで、それほど難しくはなかったのでおkでした。


ソナチネはまあ練習不足で先週とあまり変わらないできでした;


来週こそは><