2011年08月15日

勝毎花火大会 2011


前々から行こうと思っていけなかった勝毎花火大会


帯広に行くのはラリージャパン以来です。

実はWRCファンの一人です。。


ネットで花火大会の情報を調べたところ、渋滞がすごいとのこと。

札幌を昼に出発したら、花火大会をみることもできずに終わるとのことw


それで、7時半に出る計画でしたが、結局少し遅れて7:45に出発。

札幌といっても自宅は手稲なので、

高速に乗って札幌の街を通り過ぎたのは8時すぎでした。


高速に乗っていると、掲示板で夕張高速出口3kmの渋滞とでている・・


それで高速を途中で降りて夕張にむかったところ、川端辺りから渋滞に;;

そこから10km近い渋滞で結局、

渋滞がおわる夕張高速出口付近についたのが11時でした><


こんな渋滞初めてで、疲れました;


ここから帯広までは大きな渋滞もなく、帯広についたのは2時頃でした。


お昼は音更で食べて、4時ころに音更駐車場に向かいました。


ここで駐車場に入ろうと待機している列があり、待っていると

満車らしく前の車がほかの駐車場に回されているではないか・・・


遅すぎた・・・と思っていたら、ちょうど自分の番がきて何やら

無線で話している。


駐車できる場所が見つかったらしく、なんと入れてもらえましたww


その後数台入ったところで、満車となったらしく、かなりラッキーでした!


さてそこから、シャトルバスで花火大会会場に向かい、

降りたところ、まあ歩道が人で埋め尽くされてましたw


会場まで1kmほど歩き、東側で場所をさがしていたところ、

かなりいい場所が見つかりました。


7:30に予定通り花火大会が始まりました。


まず音楽と合わせて、絶妙なタイミングで打ちあがる花火がとても新鮮でした。


また1つのプログラムの終盤の打ち上げが見たことない迫力でした。


音楽はオペラ座の怪人、アメイジンググレイスやゆず、MISIAなどの曲で

とても花火とマッチしていててよかったです。


ナイアガラも初めて見ましたが、すごい幅でしたw


日本中の賞に輝いた芸術玉コレクションは、

かなりの技術がつまっているのがわかりました。


和火讃歌という化学薬品を使わない江戸時代からの花火も

音楽とマッチしてすごくきれいでした。


途中花火打ち上げ中にすごく明るい光が夜空に見えました。


どうやらペルセウス流星群らしく、流れ星としては

最大級の明るさだとおもいます。


花火に負けない明るさでしたからw


そしてラストのグランドフィナーレ


これは次元がちがいましたw


まず視界すべてが花火に埋め尽くされます。


そして地面に轟くほどの音。


これは動画やTVなどでは体感できません。


グランドフィナーレ終了の途端、帰りのラッシュw


すさまじい人の流れに圧倒されました。


でも、観覧してた場所が出口に近く、シャトルバスには

早めに乗れました。


シャトルバスはそれほど渋滞に巻き込まれずに駐車場につき、

そのあと急いで音更高速に乗りました。


占冠の高速出口は少し渋滞してましたが、そのあとは特に大きな渋滞もなく

札幌には2時には無事着くことができました。


今回初めてでいろいろ学びました。


まず渋滞を考えて朝はもっと早く出るべき。

たまたまいい観覧場所を見つけれましたが、あと1時間〜2時間早めに行くべき。


またトイレも混みまくりで大変なので有料席を買って、

始まる少し前に到着するのもありだなとおもった。


帰りはほんとに急がないと渋滞に巻き込まれますし、

どうせならビジネスホテルなどで泊まって、

次の日軽く観光してゆっくり帰るのがいいと思いました。

posted by ym at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック