2011年08月30日

ピアノレッスン 19回目


今週は練習をあまりできなかった。


小指を曲げるとの付け根がカクンカクンするのですが、

調べるとばね指であることがわかりました。


まあかなり前からこの状態なので、ピアノは関係ないとおもうのですが、

悪化するのではないかと心配になり、少し練習を控えていました。


それで病院にいったのですが、使いすぎはよくないとのこと。

一応注射をしてもらったが治りませんでした。


簡単な手術で治るらしいが、する気にはなれなかったです。


少しでも傷みとかでてきたら考えますが、今のところ傷みもなく

ピアノを弾くときは全く問題ないので大丈夫かなと思いました。


さて、レッスンですがまずバーナムからやりました。


グループ3の8番でんぐりがえしをやりました。


指番号がアルペジオのドミソとミソドが違うので迷っており、

少しぎこちなかったようです。


それでその練習方法として、アルペジオを和音に変えて弾く練習をすると

瞬時にドミソの鍵盤を押さないといけないので、それに慣れると

アルペジオを迷わずに弾けるようです。


教わってよかったです。


次にツェルニーリトルピアニストの32、33をやりました。


32は前回だめだった8分音符>8分休符>8分音符>8分音符>8分休符

の繰り返しの部分が練習したおかげでうまく弾けました。


ですが、2段目の2和音の音階部分が音がずれてしまい、

なかなかうまくいきませんでした。


でも脱力するとそろったので、練習してスムーズに弾けるようにしたいと思います。


33は今まで弾いてきたツェルニーの中でもかなりいい感じの曲でした。

結構気に入って何度も弾いたので、特に問題なく弾けました。


次にエリーゼのためにを弾きました。


今回は難しくなる前まで弾きました。

まあほとんど繰り返しなのですが、、


今回はPoco motoと書かれているように

動きのあるように弾くといいと教わりました。


確かに意識して弾くと全然違う風に聞こえます。


来週から16分音符やら32音符が出てくる部分に突入します(汗


最後に新しくはじめる「リズム感を鍛えるピアノエクササイズ」をやりました。


付録のCDをかけてもらいやりましたが、正確に合わせるのがなかなか難しい!


ゆっくりなテンポなのですが、ゆっくりだから難しいのです。


ゆっくりだとわずかでもずれるとはっきりわかります。


これはいいリズムトレーニングになりそうです。。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック