2011年11月10日

はじめてのリサイタルを鑑賞


昨日ですが、女性では45年ぶりのショパンピアノコンクール優勝者である

ユリアンナ・アヴデーエフさんのピアノリサイタルを鑑賞してきました。


札幌でリサイタルがあることは知らなかったのですが、

友達がそのリサイタルへ行くと知り、一緒に行くことに。。


会場は札幌Kitaraで、少し前にディズニーオンクラシックを見に来た以来です。


会場に入るとステージにはスタインウェイ(Steinway)のコンサートグランドピアノ

だけが置かれていました。


初めてのせいか、ステージにピアノが1台だけなのがとても新鮮な感じを受けました。


開演の時間になると、ユリアンナ・アヴデーエフさんが入場してきて

ピアノの椅子に座った瞬間、すぐ弾き始めたのがちょっと驚きでしたw


また、初めての生のコンサートグランドピアノを聞いて、よく言えませんが

新鮮な感じがしました。


最初はショパンの舟歌で有名な曲でしたが、

そのあとの曲はどれも知らない曲でした。


舟歌は知っている曲でしたが、生で聞くと感動しました。。


ショパンのほかにはラヴェル、リスト、ワーグナーの曲がありましたが、

リストの灰色の雲の演奏には驚きました。


とても速いパッセージがかなりの長い時間続くのに、

ミスタッチもなく弾きこなしていました。


言う勇気はないですが、、ブラボーと言いたくなる演奏でしたw


演奏が終わり、サイン会がはじまりました。


その様子を撮影してみました。


画質悪いですがどうぞ。。

IMG_0114[1].JPG

posted by ym at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック