2011年12月27日

ピアノレッスン 34回目


吹雪の中ピアノレッスンへ。。


手が冷えたので、音階の練習からやりました。


左手の降りてくるところで、親指をくぐらせる時、

手が倒れすぎてしまっていると教えてもらいました。


それで次の音を弾くときわずかに遅れてしまうようです。


直すよう努力しなくては。。


次にツェルニーリトルピアニスト46を見てもらいましたが、

2回目できれいに弾けておkでした。


次回は47ですが、これは8分の6拍子で123456と数えながら練習すると

あとあと役に立つと教わりました。


実際やってみると少し難しかったですが、リズムが狂わないのでいい感じでした。


次にソナチネ36の1の前半部分を見てもらいました。


左手のオクターブを見ないでも感覚で弾けるように練習するように教わりました。


後半はまだですが、調がかわるので、それを意識して弾くようにとのこと。


最後にバーナムの4-7ホッピングをしようを見てもらった。


スタッカートにもいろいろあり、ここでは力を抜いて手首を使い振り下ろすかんじで

指を落とした後にあげるとき、鍵盤の戻る跳ね返りと同じように指をもどすように

教えてもらった。


音の違いがはっきり判りました。


弾き方でほんとに音が全然違うものなのですね〜


さて来週はお休みで来年の10日からです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック