2012年02月14日

ピアノレッスン 40回目


先週買った楽譜の渚のアデリーヌのある部分が気に入らなくて、

いろいろネットで調べたのですが、なかなかいいのが見つからない・・・


原曲の楽譜が欲しいのですが、ほとんど売ってないし、売っていても高いのです。


困った・・


さて先週まで非常に寒かったのですが、今日は久しぶりにプラスの気温。

外の路面は解けてぐしゃぐしゃでした。

その中レッスンへ。


先生に渚のアデリーヌのことで聞いてみると、知り合いが持ってるかもとのことで、

今度借りれるか聞いてみることに。


原曲の楽譜だといいな〜。


さてまずホ短調の音階からやりました。

これは今日1日しか練習してないのですが、大分音階に慣れてきたらしくおkをもらえました。


次にツェルニーリトルピアニストの52の序盤だけ弾きました。


序盤の部分はよかったですが、後半の部分は指よせがネックのようです。


そこが来週までの課題です。


次にバーナムのグループ5-2の前屈運動を見てもらいました。


目で引く鍵盤を常に先を見るように弾くといいと教えてもらい、

そのとおり弾いてみるとうまく弾けました。


リトルピシュナは先週のやり直しで滑らかに繋いで弾けるように言われてましたが、

毎日練習した御陰で指がおぼえており、なめらかにつなげることができました。


最後に渚のアデリーヌの序盤を弾きました。


2か所音が飛ばしていたようで、そこを教えてもらいました。。


あと2和音の連打の部分を手首のスナップを聞かせて軽く弾くようにと教わりました。


確かにこう弾くと断然音がよくなりました。。


さて、先週言っていた渚のアデリーヌと併用でやる曲ですが、

またソナチネop20-1(フリードリヒ・クーラウ)をやることにしました。


難しいところは3連符のところでリズムが崩れやすいところだそうです。


ソナチネと言えばop36-1の動画アップしなくては;

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック